2013.02.25 2月25日


なんとか18才以下1R、クリアしました。 本番はこれから。

関東大会に進むためには、基本上位シード選手に勝つ必要がある。

来週からだ!



この前のコーチらしい・・・続き。


相手の精神と勝負する。 しかしこれは自分にも当てはまると。

心は一つしかありません。 悲しいかな、どこかが壊れる(技術と仮定)と他までおかしくなる。


数日後に最後の県ジュニアを迎える選手が、ヤバイことになって現れた。

周りの子どもたちも、なんであんなフォームになってしまったの?って分かるくらいの。

なんとか、2ポイントくらいのアドバイスに絞込み、立て直す。 しかし・・・


壊れた技術を気にするあまり、本来の持ち味・セールスポイントまで壊れつつある。

『見つめすぎるな。 他までおかしくならないようにしろ。 絶対に他を壊すな』


お分かりのように、全ては脳が、心が支配してるんですね。

どんなに素晴らしい技術を持っていようとも、心というしっかりとしたソフトウエアが必要だということを。

だからこそ普段から、心を鍛えるためのランニングなどの負荷を、嫌いな辛い負荷を掛けるんですね。


おいらの教えを理解してくれたようで、試合前にはいい意味で開き直れたようです。

おいらの指導の真髄はここにあるんですね。 (真髄!って自分で言うことじゃないね、お恥ずかしい!)

レッスンを受けても、『石嶋コーチは何も教えてくれない』 ってよく聞くんですよね。

形があるものじゃないんでね。 難しいですね。


では、

Secret