行って来ました、富士山!

世界遺産登録により、登山者激増の噂による駐車場確保のため、いうもより2時間早い午前零時出発。


途中迷ってしまったが、無事富士宮口入り口ゲートに・・・

『マイカー規制により、これ以上行けませんよ』 『・・・?』 『戻って駐車場に・・・』 『・・・?』

世界遺産登録により、マイカー規制が。 毎年あったようだが、今回は9月過ぎまでと。

他の登り口も然り。 唯一、御殿場口だけはないと。 


この御殿場口。 砂走りと言う、一気に駆け下りれる砂場が有名。 何度も行きたいと考えてた。

だけど・・・

超難関! とにかく長い!らしい。 

ストップを掛けた警備員曰く、『2合目から登る感じ』 『・・・? 2合目!』

駐車場に行き、片道¥4000払ってタクシーでなら富士宮口5合目に行ける。 バスなら6時発で・・・

今2時・・・分。

どうする? 帰ってもいい、タクシーで・・・ 御殿場口? いやいや無理でしょ?

だって、最難関! 長い! でも砂走り! やってみたい!

協議の結果、行ってみよう御殿場! なんなら、『そうだ京都へ行こう』に変更・・・なわけない。

これが悪夢の始まり。

テンション上がりまくってる子どもたち4人。 それに引き換え、おいらは・・・ 大丈夫かな・・・

駐車場でちょい仮眠(今回も全く寝れず)し、午前3時55分登山開始! いざ、富士!



PO20130823_0000.jpg

あまりにも長い、砂場を登り続ける。 既に・・・ 帰りたい。


PO20130823_0002.jpg 

日の出の始まり。

PO20130823_0003.jpg

PO20130823_0004.jpg

敬二 iPhone撮影


大貴 iPhone撮影

美桜 iPhone撮影


PO20130823_0005.jpg

あそこに行くの? まだ全然富士山じゃない! はるか遠い!

去年は駐車場がなく、4合目からのスタート。 まだ2合目始まったばかりだ・・・ 帰りたい。


PO20130823_0006.jpg

バカな3人。 近藤コーチ、美桜、敬二。

最後に分かったんだけど、これが砂走りだったんだ。 それも大砂走り! 帰り全員で一気に駆け下りた!

バカな3人は、おいらたちが行く通常の登りコースより近いとふんだ直線コースへと。 知らんとは怖いね。

ただのバカ。 結局途中でおいらたちに合流するが、近藤コーチは・・・ 後とで分かります。



日の出!

PO20130823_0007.jpg

PO20130823_0008.jpg



山小屋もない、御殿場口。

死んでる?、宇田コーチ、近藤コーチ、由の3人。

ここは何合目?が続く。


PO20130823_0012.jpg


道で・・

PO20130823_0009.jpg

バカな近藤コーチ。 尻に小石が突き刺さってる。 ちょっと笑えて元気になる。 宇田コーチも復活!

毎回疲れきり、休憩場所で倒れこむ。 

小さなプライドも富士山にはあざ笑らわれる。 

おいらたちは先を考え適度に休憩を挟む。 だが彼は、プライド(小さなね)で休まず抜いていく。

少しでも先にと。 だが続かず。 ここからは最後まで必死に付いてくる有り様に。


先は見えないこの旅路。 今、何合目か分からないのが現実。

4時間登ったここが6合目だと知った途端、まじめに誰かにアクシデントが起こり帰る!を期待した。

あってはならないことだけど、もう嫌だ! が全員の気持ちだった。 


美桜、敬二だけはとっくに先に行っており、奴らだけが山頂に着くであろうと思っていた6合目。


PO20130823_0011.jpg

ここはどこ?そう、まだ6合目。 全員が疲労困憊。 初参加の由には可哀想だった。

ウキウキでやって来た富士山。 既に10回?登ってるおいらも心のなかでは帰りたい!連発。

毎日ランニングを、雨でも練習をする由がこの顔。 死ぬ~!御殿場口、恐るべし!


ここらで気分転換!

PO20130823_0013.jpg

どうよ!雲がおいらたちを追いかけ始めた。

雲2! iPhoneより

PO20130823_0014.jpg


もうこ先の写真はありません。 死ぬ、帰りたい、やだ!の連続。

明日起こるであろう、楽しい妄想のみで歩き続けました。

6合目から3時間。 7時間かけて山頂に。 

PO20130823_0016.jpg

1時間早く着いていた美桜・敬二も合流。

どうよ、この由・近藤コーチの笑顔! 何もかも忘れた瞬間でした。

帰りはあっという間。 3時間弱で駆け下りました。

 

下山は笑顔、笑顔でした。

PO20130823_0017.jpg

ちょっと逆光が残念でしたね。


これが大砂走り。

PO20130823_0018.jpg

霧の中を一気に駆け下りる。

PO20130823_0019.jpg

あまりの長さに、こんなに登ったのかよと。 これが2.5kmも続く。

PO20130823_0020.jpg

写真は撮れなかったが、由がやってくれたらしい。

ナンバーワンスプリンター達也を追いかけて駆け下りた由。 顔面から転倒。 歯まで真っ黒だったとのこと。

おいらは先頭集団で駆け下りていたので、残念無念でしたね。


PO20130823_0021.jpg
 

登り始めは闇夜でしたので、撮れなかったスタートポイント。

写真を撮ってくれたお兄さん、御殿場口の文字が切れてるし!

全員が笑顔でをやり遂げました!

参加者 : 美桜、達也、敬二、由、山川さん、大貴、宇田コーチ、近藤コーチ、おいらの計9名。
距離   : 19.5km
時間   : 上り7時間 下り2時間半 計9時間半


おいらはこれで全ての登り口完走?歩?しました。

これで10数年に及ぶ富士登山キャプテンを引退です。 来年からは、へたれ?近藤コーチが。

御殿場口は一生ないかな?


そうそう、由は二度と富士山には登らないってさ。


では、


Secret