2013.09.24 9月24日


爺さんになった時に、なにか趣味をと・・・ その一つがゴルフ。

最初は10数年後に来る老後に向けての意味合いだったが。

そのゴルフを通してのテニスを見つめなおす機会の多いこと。


ゴルフのほうが、アマチュアとプロフェッショナルをはっきり区別している。

『プロはバーディーを狙い、アマチュアはボギー(パー)でいい』

これをテニスに置き換えると・・・ うん、わかりやすい!

『プロはエースを狙い、アマチュアはコートに入れ続ける』


ゴルフのグリーン上のパター。 これにも『プロラインとアマチュアライン』と言う言葉、コースがある。

アマチュアラインは、いつまで経っても入らんのよ。 でもアマチュアがプロラインで打つと、悲惨な結果が・・・


ゴルフを通してテニスを見つめる。


先日、TVショーで。 映画監督が結婚して、四六時中映画のこと考えられないんじゃない?って質問が。

監督は、『そう。 でも、家族・子どもとの時間が映画に生きてる。 畑がひとつ増えた』 って。


まさしくおいらも。 ゴルフって畑ができ、テニスを違う観点から見つめられてる。

ゴルフの本から、テニスを考えさせられてる。 是非読んでほしい。 (中部銀次郎著書本を)


動の趣味がゴルフ。 静の趣味は・・・ もう一つ畑を増やすのはいつだろうか?

で、またテニスを違う方向から・・・

では、

Secret